第7回港南チャリティスポーツフェスタ

投稿日: カテゴリー: 地域イベント

今年も7月17日(月・祝)の海の日に、

港南チャリティスポーツフェスタを開催しました!!

東日本大震災が発生した2011年、東北に実家をもつ東京海洋大学の学生さんたちを

少しでも支援できればという想いからスタートした本イベントも、

地域の方々の協力もあり、今回で7回目になりました。

当日は暑い中参加していただいた皆様、本当にありがとうございます。

ここでは一部にはなりますが、紹介します。

<スポーツ鬼ごっこ>

今年も開催したスポーツ鬼ごっこ

ウォーミングアップから、ルール説明、チーム対抗戦をしました。

はじめはみんな口数少なくおとなし目でしたが、

チーム対抗になると作戦も含め、チーム一丸となって取り組んでいました。

チーム毎に個性溢れる作戦で熱い戦いが繰り広げられました。

最後にみんなで日本最古の鬼ごっこ「ことろことろ」をチーム毎に行いました。

<タグラグビー教室>

五郎丸ポーズで注目を集めたラグビー人気も陰りが見えたのか、昨年よりやや少ない人数でスタートしたタグラグビー教室。

東京海洋大のラグビー部を講師に迎え、まずはラグビーのコンタクトの要素を盛り込みつつ初心者向けに強度を落としたメニュー。

相手を倒したり倒されたりしますが、綺麗な人工芝の上を痛がることもなく転げ回ります。

その後はボールを触ったり、投げたり、蹴ったり。初めて触るラグビーボールにも恐れず果敢に挑んでいました。

最後は2チームに分かれてゲーム。大人も子供も最後までトライを目指して元気に楕円球を追いかける姿が印象的でした。

<サッカー教室>

毎年大人気のサッカー教室。今年も30人を超える応募があり、とても賑やかな教室となりました。

講師の先生方の工夫を凝らしたメニューで、みんな仲良く楽しく上達する事ができました。

最後の試合形式では各チームにわかれ、勝利目指して真剣勝負。

勝った喜び、負けた悔しさを同じチームのメンバーで共有し、みんな充実した表情をしていました。

今回の参加者の中から、未来の本田圭佑が誕生してくれる事を願っています。

<ランニング教室>

子どもたちの永遠のテーマ『誰よりも早く走り、運動会で一番に輝く』誰もが一度は掲げる目標だと思います。

外で走り回ると思いきや、まずは教室で体の動かし方に関する講義からスタート。

今回参加してくれた子どもたちは皆、目をキラキラさせながら先生のお話を聞いていました。

子どもたちだけでなく、一緒に参加した保護者の方々も真剣に聞いていました。

講義のあとは、いよいよグラウンドで実際に体を動かしてました。

細かい体の動かし方の練習もあり、教室を担当したブルザイズの選手も練習になりました。

誰よりも早く走りたいと思う気持ちは子どもも大人も変わりません。

誰もが最速を求めて、終始真剣に、そして楽しく体を動かしました。

今回は、以上です。

私達、ブルザイズ東京は秋のリーグ戦優勝、X1昇格へ向けて練習をスタートしています。

試合日程近くなりましたら、SNSやブログでお知らせいたします。

是非、会場でアメフトを体験していただきたいです。

会場でお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です